コピー・プリント・ポスター印刷・チラシ印刷・名刺印刷・製本等は、オンデマンド印刷のキンコーズへ

【会社案内(パンフレット)の作り方】構成・デザインのポイント3つ

会社案内の作り方

会社案内(パンフレット)は、新規顧客の開拓や新入社員を募集する会社説明会において、非常に重要なアイテムの1つです。
限られたページの中で会社の特色や強みを分かりやすく伝える必要があるため、多くの方が興味を持ってくれるような構成・デザインにしなくてはなりません。
そこで今回は、会社案内を作る際に押さえておきたい構成・デザインのポイントを3つご紹介します。

【1】コンセプトを決める

会社案内を作る際に陥りやすい間違いとしては、最初にデザインを決めてしまうことです。
しかしデザインにばかりこだわっていると、中身のない会社案内に仕上がってしまう恐れがあります。
そのような状況を避けるためにも、会社案内を作成する際はまずコンセプトを決めましょう。
なぜ会社案内を作るのかといった目的や、読んでもらいたい対象を具体的に考えてください。

営業活動で使用する会社案内と、会社説明会で使用する会社案内とではコンセプトは大きく変わってきます。
最初にコンセプトを明確に決定し、会社案内の軸となる部分を作りましょう。

【2】掲載するコンテンツを決める

コンテンツを決める

コンセプトを決めた後は、会社案内に掲載するコンテツを考えます。
会社案内を使用する目的によって掲載すべきコンテンツは異なるため、ターゲット像に合ったコンテンツを掲載することが大切です。

例えば、新規顧客を開拓するために会社案内を使用したい場合は、「会社概要」「会社理念」「社史」「事業内容」「商品・サービス」「実績の紹介」などを掲載すると良いでしょう。
また、会社説明会で会社案内を使用する場合は、「会社概要」「社史」「入社案内」「募集要項」「従業員のプロフィール」「会社理念」などを掲載します。

会社案内は、限られたページの中で会社の魅力を分かりやすく伝えなくてはなりません。
そのため、抽象的な分かりにくい表現は避け、簡潔かつ具体的な内容になるよう心掛けましょう。

【3】仕様・デザインを決める

仕様・デザインを決める

最後に、会社案内の仕様とデザインを決めます。
会社案内に掲載するコンテンツの内容も大切ですが、多くの方に興味を持ってもらえるようなデザインや仕様にすることも大切です。
最後まで読み進めてもらえるような会社案内を目指しましょう。

会社案内の仕様の種類は数多くあるため、用途に合わせて選ぶ必要があります。
例えば、写真をたくさん使用してボリュームのある会社案内を作成したい場合は、フルカラー印刷でさらに中綴じ製本がおすすめです。

最低限の情報量でコンパクトな会社案内を作りたい場合は、厚めの紙に両面フルカラー印刷、そして折り加工を施して仕上げるのも良いでしょう。

また、複数の資料をまとめたい方や、パンフレットと一緒にDVDやノベルティグッズなどを同封したい場合はポケットファイル印刷を利用してはいかがでしょうか。
表紙、または裏表紙の内側にポケットが付いているポケットファイルは、多くの資料をまとめる際に非常に便利です。
さらに、会社案内に掲載した内容に変更があった際にもペラだけを刷り直せば済むというメリットがあります。

また、会社案内のデザインもユーザー像に合わせて考えることが大切です。
取引先や顧客をメインに会社案内を作成する場合は、信頼や安心を感じさせるデザインになるよう心掛けてください。
会社説明会に来る学生などに配る場合は、興味を持ってもらえるようなポップで明るいデザインにすると良いでしょう。

印刷会社によっては、デザインをサポートしてくれるサービスを提供している場合があるため、活用してはいかがでしょうか。

おわりに

会社案内を作る際に大切なことは、作成する会社案内がどのような目的で使用し、どのような方に読んでもらうのかを考えることです。
コンセプトが明確に決まっていないと会社案内の内容にブレが生じるため、企業の魅力を十分に伝えることができません。
会社案内の作成を考えている方は、今回ご紹介したポイントを参考にして会社案内の構成・デザインを考えてみてください。

おすすめ商品

デザインサポート・レイアウト

デザイン制作もまるっとおまかせ

デザインサポート・レイアウト

お見積りや納期のご相談等、お気軽にお問い合わせください

店舗案内

オペレータが対応します。
ご利用店舗などが、決まっていない場合におススメです。

店舗案内

店舗の専門スタッフが対応します。
ご利用店舗が決まっている場合におススメです。

店舗案内

落ち着いて問い合わせフォームからご相談いただけます。

ページトップへ戻る

Share: