2017.06.08オンデマンド印刷

異動決定後は早めに名刺の発注を!おすすめは短納期のオンデマンド印刷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名刺の発注は短納期のオンデマンド印刷

「会社の異動に伴って名刺を新しくしないといけない。しかしどこにお願いしたら良いのか分からないし、小部数でもお願いできるのだろうか?」「異動の辞令が出たものの、忙しくて名刺を発注する暇がない。でも、すぐに名刺が必要だ、どうしよう」といった経験のある方には、短納期かつコストパフォーマンスの高いオンデマンド印刷がおすすめです。

今回は、名刺の発注にオンデマンド印刷を利用するメリットをご紹介します。

短納期で、必要なときに印刷できる

必要な時に印刷一般的な印刷方法であるオフセット印刷の場合、紙に刷り出す際に必要な元となるもの(「版」)が必要になります。しかし、オンデマンド印刷はデジタルデータを直接印刷機に送ることによって印刷がなされるため、「製版」をする必要がありません。つまり、オフセット印刷と比べて工程が減ります。工程が減る分スピードが上がるため、「短納期」が可能となるのです。

「オンデマンド(on demand)」とは“要求があったらすぐ”という意味を持っています。会社で使う名刺には、会社の住所や電話番号、会社のホームページのURL、自らの役職などが印字されています。会社データの変更があった際には、すぐにでも反映させる必要があります。

また、「異動」があった際はもちろん、中途入社の方が入ってこられたときも、その方が仕事をしやすいように1日も早く新しい名刺を用意する必要があるでしょう。

このように「今すぐ欲しい」「短期間で仕上げてほしい」などの要望に応えてくれるのがオンデマンド印刷。名刺の完成が遅れたばかりに、ビジネスでも後れをとるなどということがないようにしましょう。

必要な数だけ印刷できる

必要なだけ印刷従来のオフセット印刷と比べ、最も大きな違いの1つが、この少量印刷への対応ではないでしょうか。

オフセット印刷は「版」を作る料金がかかるため、コストパフォーマンスを考えれば大量印刷した方がお得です。しかし、オンデマンド印刷はデータからの印刷のため、1部からの印刷を低価格で行うことができます。

印刷部数のコントロールができることは、コストを考える上で大変有益です。名刺印刷の必要が発生する度に数百枚も印刷する必要があると考えた場合、よほどの大企業であったとしても使わない在庫の名刺が溜まっていくばかりになってしまうでしょう。それを考えれば、オフセット印刷で大量に作って保存しておくより、オンデマンド印刷で必要な分だけのストックを持つ程度に留めておくのが良いのではないでしょうか。

その他のメリット

タイミングを選ばずに好きな量だけ印刷できる。そして、コストに見合う。これがオンデマンド印刷の良いところです。他のメリットも見てみましょう。

「融通が利く」「柔軟性がある」という意味では、「修正しやすい」こともメリットに挙げられます。オフセット印刷では、印刷物の内容を変更する際は「版」を作り直さなければなりません。しかし、オンデマンド印刷の場合、印刷に必要なのは“データ”です。パソコンを使ってデータを編集するという簡単な作業だけで内容の変更が可能です。つまり、会社での異動時のように、細かな部分でデータの修正が必要な印刷物が何種類も必要という場合にはオンデマンド印刷が適しているといえるでしょう。

また、オンデマンド印刷には「1部ずつ違う内容の印刷」にも対応可能というメリットがあります。「版」を作る必要がないため、仕上がり確認のためのサンプル印刷も気軽に依頼できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Kinko'sお役立ちコラム編集部

Kinko'sお役立ちコラム編集部

キンコーズってどんなところ?全国の店舗ネットワークを活用し資料のコピーやプリントアウトから、製本やポスター印刷、名刺作成など、プリンティングに関するサービスを幅広く提供しております。名刺から3mを超える横断幕に販促用のシール印刷など特殊な印刷物もひとつからご注文いただけます。無駄なく、必要な時に必要なだけ、スピーディに 時間がなく困っている方へ、プロフェッショナルなスタッフが最適なサービスをご提案いたします。