ごあいさつ

1.8 SHOWCASE

平素は格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

キンコーズ・ジャパン株式会社は1992年の名古屋千代ヶ丘店開店以来、多くのお客様にご支援、ご愛顧を頂きながら、いつでも、どこでも、必要な時に、必要なものを、必要なだけ提供するオンデマンドプリントサービスのリーディングサプライヤーとして、今日まで成長を積み重ねることが出来ました。改めて、心より感謝申し上げます。

21世紀も20年近くが経過し、インターネットやスマートフォンは、既に日常生活に欠かせない基盤やツールであり、「デジタル」という言葉がアナログと対峙して使われた時代は、遠い昔の記憶となりつつあります。更には、AI(人工知能)に代表され加速度的に進化するデジタル技術や、それらを背景に「働き方改革」における新たな価値観の台頭なども、「デジタル時代の社会」が如何に過去の経験を超えたスピードで変貌しているのかを象徴する事象だと思います。

このような社会インフラや価値観がドッグイヤー的に変化する流れの中で、ますます多様化/個別化が進むお客様ニーズにお応えするため、キンコーズは「地域のデジタルワーキングスペース」をコンセプトに掲げ、渋谷店をリニューアルオープンしました。
従来のオンデマンドプリントサービスに加え、テレワークなどに最適のフリーのワーキングスペースや少人数での打合せにも使える個室タイプのワーキングルームを設置し、IT企業集積が進む渋谷の街の発展と共に、次世代型店舗として成長していくことを目指します。

私たちキンコーズは、デジタル化時代のお客様ライフサイクルに幅広く関わりながら様々なニーズを把握し、お客様へ最適なワンストップサービスの提供を目指してまいります。
そしてデジタル社会の進展と調和し持続的なサポートを行うため、今後も店舗ネットワークの量的拡充に加え、“質的な進化”にも注力して参ります。

究極の「オンデマンドソリューションプロバイダー」をゴールとして、お客様を深く理解し、その生活/ビジネスに欠かせない存在として、様々な問題解決のためのオンリーワンサービスプロバイダーの使命を担い、真の顧客価値創造を追求していきたいと考えております。

今後とも皆様の変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

キンコーズ・ジャパン株式会社
代表取締役社長 名取 久知