コピー・プリント・ポスター印刷・チラシ印刷・名刺印刷・製本等は、オンデマンド印刷のキンコーズへ

よくあるお問合せ(3Dプリンティングサービス)

3Dプリンティングサービスについて

Q 3Dプリントするには何が必要ですか?

A 3Dデータや三面図などが必要です。

Q 実物を持って行くので、3Dプリントしてもらえますか?

A 実物や写真だけでは3Dプリントできません。

Q 壊れた部品を直してもらえますか?

A 3Dプリントでは部品を直すことは出来ません。

Q 3Dデータをどうやって送れば良いのでしょうか?

A オンラインからご入稿下さい。3D専任の担当者がご対応致します。複数ファイルの場合はフォルダにまとめて圧縮してお送りください。

Q 見積りを確認してからキャンセル出来ますか?

A 出来ますので、お気軽に3Dデータをご入稿下さい。

Q 請求書払い(買掛け)出来ますか?

A 法人対応がおりますので、詳細お問合せ下さい。なお、審査・登録まで数日必要になりますので、お急ぎの場合は現金(クレジットカード)が便利です。

Q 3Dプリントで試作した後に、量産してもらえますか?

A 数や用途によってご提案させて頂きますので、お問い合わせください。

Q どの程度の大きさまで対応可能でしょうか?

A 3Dプリンターの種類によって異なりますが、樹脂タイプ(エポキシ)の場合最大で500mm×600mm×600mm程度の大きさが可能です。使う3Dプリンターの造形サイズより大きい場合、分割して造形対応致します。

Q 材料は選べますか?

A 使う3Dプリンターの種類によって材料が異なりますので、その中から選んで頂きます。詳しくはご相談下さい。

Q 射出成形で使用するのと同じ材料で3Dプリントできますか?

A 3Dプリント専用の素材になります。

Q 3Dプリントした物に塗装は可能でしょうか?

A 樹脂タイプ(アクリル)の場合、通常のプラモデルのように着色することが出来ます。石膏タイプの場合、水に弱いのでラッカーなどで着色できますが、おすすめ致しません。

Q 塗装をお願いできますか?

A 形状や色数によって異なりますので、詳細ご相談下さい。

Q 薄肉部品でも対応可能ですか?

A 樹脂タイプで1mm程度、石膏で2.5mm程度の対応が可能です。ただし、形状によってそれ以下でも可能な場合や、逆に広範囲に薄肉で造形できない場合もありますのでご相談下さい。

Q 3Dプリンターは販売していますか?

A 販売しておりません。3Dプリントの受託サービスです。ただし、ご紹介する事は可能ですので、ご相談があればご連絡下さい。

Q 金属素材で3Dプリント出来ますか?

A 現在取り扱いがございません。

Q 3Dスキャンはできますか?

A 現在取り扱いがございません。

Q サンプルはもらえますか?

A 現在無料でのご提供はございません。品川店にサンプルの展示がありますので、平日9時~12時、13時~18時の間にご来店下さい。

Q 食器や食品の型に使えますか?

A 形状の確認をするだけでしたら問題ありませんが、口に入れる事は避けて下さい。

Q 寸法精度はどのくらいですか

A 樹脂タイプ(アクリル)の場合、50mmに対して±0.1mm程度ですが、保証値ではありません。環境や形状に影響を受けます。石膏や樹脂タイプ(ナイロン)の場合はそれより寸法精度は劣ります。

Q 立体文字を作りたい

A 3Dプリンターで作成することも可能ですが、弊社のS&Gサービスの方が安価で早いので、そちらをご利用下さい。

Q 素材の色は選べますか?

A 3Dプリンターによって材料が決まっておりますので、その中からお選び下さい。単色の場合、塗装で対応可能な事がありますので、その際はご相談下さい。

Q 急ぎで欲しい

A 3Dデータに問題が無く、小さいものでしたら最短1日後に発送も可能です。形状や混み具合に影響を受けますので、詳細ご相談下さい。

Q 最終製品として作りたい

A 用途により可能な場合もあると考えますが、一般的には3Dプリンターは試作、治工具、展示用模型として使われます。通常の成形品などに比べると3Dプリントは強度が劣る場合も多いです。強度試験などはお客様に行って頂く必要がございます。また、3Dプリントした物により事故やトラブルが発生した場合、弊社で責任を取る事ができません。お客様の判断と責任でご利用下さい。

Q 耐熱温度はいくつですか?

A 樹脂タイプ(アクリル)の場合、荷重たわみ温度は50度程度(JIS K7191)になります。樹脂タイプ(エポキシ)の場合は70℃程度です。

Q 耐水性はありますか?

A 流水試験などで耐水性が必要な場合は、樹脂タイプ(アクリル)が一番水に強いのでおすすめ致します。石膏タイプは水に濡らすと壊れてしまいます。

Q 対応可能な3Dデータの形式は何ですか

A STL形式、IGES形式、STEP形式、OBJ形式。石膏タイプで色が必要な場合はOBJ形式、VRML形式、PLY形式(要テクスチャファイルなど付属ファイル)です。

ページトップへ戻る

Share: