2017.06.07ポスター印刷

大判サイズのポスターにパネル加工を施して、展示会で注目を集めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポスターにパネル加工

展示会をはじめ、各種イベントなどで欠かせないアイテムといえばポスターです。ポスターは、自社の商品やサービスの紹介などをわかりやすく紹介するために大変重要なツール。

しかし、一般的な紙のポスターだと展示会では他のポスターに埋もれてしまうこともあります。そこでおすすめしたいのが、大判サイズのポスターにパネル加工を施すことです。

今回は、展示会で注目を集めることができるポスターのパネル加工についてご紹介します。

ポスターのパネル加工サービスとは?

パネル加工とは、スチレン製のボードにポスターを貼り付ける加工のことです。接着剤でコーティングしたスチレンボードにポスターを貼り合わせることにより、傷や衝撃に強くなり耐久性が上がるというメリットが生まれます。

一般的な紙のポスターとは異なってパネル加工済みのポスターは立体感があり、パリッとした印象を持たせることも可能です。上品に見せたい、より高級感のあるポスターを作りたいという場合には特におすすめです。

なぜパネル加工が展示会に適しているのか

展示会に適している展示会にはたくさんの企業が参加します。会場中のあちらこちらには、他社のポスターやパネルなどの展示物があふれかえっているはずです。そのような状況で自社ブースが来場者に注目されるためには、「ブースの雰囲気でどれだけ深い印象を与えることができるか」が大切です。

もちろん社員の声掛けやセールストークも重要ですが、まずは限られた時間の中で、来場者の視覚にどれだけアピールできるかが勝負といえるでしょう。

そのためには、ブースの雰囲気作りに尽力することが展示会を成功に導くカギとなります。

ブースの雰囲気作りの方法には、ブース全体のデザインやカラーコーディネート、社員の声掛けなどがあります。その中の1つとして、ブースに設置するアイテムをインパクトのあるものにすることも挙げられるでしょう。ポスターもブースに設置するアイテムの1つです。ポスター1つ取っても、やはり立体感のある上質なものの方が来場者の目につきやすくなります。

パネル加工のバリエーション

パネル加工の種類一口にパネル加工といっても、さまざまなバリエーションがあります。

まずパネルの厚みですが、一般的に5mm、7mmの2種類が主流です。立てかけて使用したい場合、または耐久性を重視する場合は7mmの厚みを選びましょう。

サイズはポスターに合わせた好みの大きさを指定できます。加工を取り扱う印刷会社にもよりますが、最大でB0サイズまで対応している印刷会社もあります。さまざまなバリエーションのサイズに対応してもらえるため、同じデザインのポスターをあえて異なるサイズで発注してインパクトを持たせるのもおもしろいかもしれません。

両面をパネル加工することもできるため、加工の仕方によっては展示会でより多くの注目を集めることができるでしょう。また、パネル加工を施したポスターをアルミフレームに入れるとさらに高級感が増します。見る人にインパクトを与えられるのではないでしょうか。

ただし、どの印刷会社でもパネル加工とアルミフレームを合わせて注文できるとは限りません。必ず事前に印刷会社に問い合わせて確認しましょう。

おわりに

今回は、大判サイズのポスターにパネル加工を施して展示会で注目を集める方法についてご紹介しました。パネル加工をするとしないとでは、ポスターの出来栄えに大きな差が生まれます。パネル加工を施せばポスターの高級感を演出することができ、展示会来場者の目を引き付けやすくなるでしょう。

展示会用のポスターにはパネル加工というひと工夫を加え、集客効果アップを狙ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Kinko'sお役立ちコラム編集部

Kinko'sお役立ちコラム編集部

キンコーズってどんなところ?全国の店舗ネットワークを活用し資料のコピーやプリントアウトから、製本やポスター印刷、名刺作成など、プリンティングに関するサービスを幅広く提供しております。名刺から3mを超える横断幕に販促用のシール印刷など特殊な印刷物もひとつからご注文いただけます。無駄なく、必要な時に必要なだけ、スピーディに 時間がなく困っている方へ、プロフェッショナルなスタッフが最適なサービスをご提案いたします。