2017.08.22オンデマンド印刷

愛犬・愛猫のフィギュアを作ろう!3Dプリンターで作るペットフィギュア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3Dプリンターで作るペットフィギュア
犬や猫などのペットを飼育している方の中には、ペットを家族の一員として考えている方が多く見られます。また、一方で2016年10月現在、自分だけのオリジナルグッズを作ることのできるサービスの種類が増えています。自慢の愛犬・愛猫のポストカードやフォトブックを作る方もいるでしょう。

そのようなサービスの中に、3Dプリンターを利用して世界に2つとない自分だけのペットフィギュアを制作してもらえるサービスがあるのをご存知でしょうか。今回は、3Dプリンターで作るペットフィギュアについてご紹介します。

ペットフィギュアの魅力

ペットフィギュアの魅力
3Dプリンターで作るペットフィギュアは、発注する会社にもよるものの、サイズがさほど大きくありません。多くは手のひらに載る程度のサイズです。そのためデスクや棚に飾りやすく、大切な愛犬・愛猫の分身をいつでも楽しむことができます。

また、同じ犬種・猫種のフィギュアはあっても、自分の家族である愛犬・愛猫そのもののフィギュアはこの世に2つとありません。そのような特別感も、3Dプリンターで作るペットフィギュアの魅力の1つではないでしょうか。

ペットフィギュアはプレゼントにもおすすめ

先に述べた通り、ペットフィギュアはサイズが小さめで飾りやすく、特別感のあるアイテム。そのため親しい方へのプレゼントにもおすすめです。友人が飼っているペットの写真をあらかじめ撮影しておき、その写真を元にペットフィギュアを作成してサプライズでプレゼントすれば喜んでもらえるのではないでしょうか。

愛犬・愛猫の成長記録にも

犬や猫は成長が早いため、子犬・子猫の時期はあっという間に過ぎてしまいます。写真や動画をたくさん撮っておこうと考える方も多いでしょう。しかし、平面の写真・動画と立体のペットフィギュアとではまた違った魅力があります。愛犬・愛猫の誕生日など、節目の日にペットフィギュアを作って成長記録をつけてみてはいかがでしょうか。

愛犬・愛猫が亡くなった後にも

大切な家族である愛犬・愛猫が亡くなった後、写真や動画だけではなく立体でその姿を留めておきたいと考える方もいます。3Dプリンターで作るペットフィギュアは、そのような方にもおすすめです。写真や動画、ペットフィギュアで、元気だった頃の姿をいつまでも残しておきましょう。

ペットフィギュアはどうやって作る?

3Dデータを作成
本来であれば、ペットフィギュアは3Dのデザインが可能なソフトを駆使して3Dデータを作成する必要があります。しかし、ペットフィギュアは愛犬・愛猫の写真データがあれば注文可能。ただし、正面からの1枚のみや顔だけの写真のみではなく、さまざまな角度から撮影した写真データが必要になります。正面、背面、各側面、斜め前から、斜め後ろからなど、同じようなポーズをさせたまま、自然光で撮影しましょう。

その他にも、特徴のある模様など、必ず入れてほしい箇所があればその箇所のアップ写真も撮影しておいてください。それらの写真データを元に、印刷会社が3Dプリンターを使ってペットフィギュアを制作します。

なお、3Dペットフィギュアの素材はフルカラー印刷の石膏が一般的です。マットな質感でグラデーションの表現も可能なため、毛並みや模様の再現に優れています。

おわりに

いつでも眺めていられる「分身」を作りたい、親しい方へのプレゼントにしたい、成長記録に利用したい、亡くなった後もその姿を残したいなど、大切な家族の一員である愛犬・愛猫のペットフィギュアにはさまざまな活用方法があります。自分用やプレゼント用に、ぜひ制作してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Kinko'sお役立ちコラム編集部

Kinko'sお役立ちコラム編集部

キンコーズってどんなところ?全国の店舗ネットワークを活用し資料のコピーやプリントアウトから、製本やポスター印刷、名刺作成など、プリンティングに関するサービスを幅広く提供しております。名刺から3mを超える横断幕に販促用のシール印刷など特殊な印刷物もひとつからご注文いただけます。無駄なく、必要な時に必要なだけ、スピーディに 時間がなく困っている方へ、プロフェッショナルなスタッフが最適なサービスをご提案いたします。