キンコーズはたらきかたいろいろ <映画監督のはたらきかた>

映画監督(竹内 洋介さん)のはたらきかた

キンコーズにはクリエイティブ活動をしているスタッフが数多くいます。
今回はそんな「キンコーズ×クリエイター(映画監督)」をご紹介いたします!

竹内さんは、現在もキンコーズで契約社員として勤務いただいていますが、
実は彼は、新人監督発掘に定評のあるギリシャの映画祭「テッサロニキ国際映画祭」にて
監督作品が最優秀監督賞/最優秀主演女優賞最優秀監督賞を受賞している映画監督です。
そこから3年を経て、今年11月、監督作品の国内ロードショーが決定しました!

<どうしてキンコーズで働いているの?>

私がなぜキンコーズで働いているのかというと、映画だけで食べていけないというのが正直なところです。
映画の制作の現場に入るという選択肢もありましたが、私はそれを選びませんでした。
監督以外の技術職はともかく、監督や脚本家にとって、キンコーズは最適の職場だったのではないかと思います。同種の職場に入ると嫌でも世界が狭まり人間関係も限られますが、この職場には趣味の人も含め多くの人たちが創作活動をしています。そしてそういった仲間たち(別世界の人たち)やお客様との触れ合いは刺激になります。そういう人たちと接する事が創作の糧になっています。
今回、私も多くの人たちの応援を頂き、様々なアイデアや知恵、繋がりを作ることができました。
これからももっと多くの人たちが相互刺激される職場であって欲しいです。

夢の実現に向かって前進している竹内さんをキンコーズも応援しています!
竹内さんの監督作品「種をまく人」についてはコチラから
(映画の題字はNHK大河ドラマ「平清盛」の題字をかかれたダウン症の天才書道家、金澤翔子さんです。)
http://sowermovie.com/

キンコーズで夢を追いかける人の1日