2017.06.07セルフサービス

面倒な面付け不要!中綴じ冊子の印刷・製本ができるコピー機の便利な機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

趣味でマンガやイラストを描いている、または小説を書いている方の中には、自分の作品集を出してみたいと考える方も多いのではないでしょうか。しかし印刷所に印刷・製本を依頼すると、仕上がりは良いもののコストが掛かりすぎてしまうこともあります。

そのような場合におすすめなのが、コピー機を利用して中綴じ冊子を自分で作る、という方法です。コピー機と中綴じ用のホチキスがあれば、個人でも低コストで冊子を作ることができます。

今回は、中綴じ冊子のことや、中綴じ冊子を簡単に印刷・製本できるコピー機の便利な機能についてご紹介します。

中綴じ冊子とは?

中綴じ冊子とはまずは中綴じ冊子がどのようなものなのか、具体的にご紹介します。

中綴じ冊子は2つ折りにした紙を重ね、背の部分を中綴じ用ホチキスで留めて製本した冊子を指します。一般的には、商品案内や学校案内などのパンフレットに多く使用されている製本方法です。印刷さえしてしまえば後はホチキスで留めるだけのため、製本自体は簡単です。

しかし、中綴じ冊子を作る際には「面付け」という大変面倒な作業があります。面付けとは、製本した際にページが正しい順になるよう、ページレイアウトを考えて配置する作業です。よほど慣れていない限りかなりの時間を取られてしまうため、面倒に感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、最近のコピー機には自動で面付けする機能が付いているものがあります。中綴じ印刷・製本機能付きコピー機の便利な機能をチェックしてみましょう。

【便利機能その1】自動面付け機能

最近のコピー機には面倒な面付け作業を自動的に行ってくれるタイプのものがあり大変便利です。

データではなく紙の原稿を用意する方法の例では、ページ順に並べた原稿をコピー機にセットし、部数などの簡単な設定を入力して印刷をスタートさせるだけです。たったそれだけで、コピー機が自動的に面付け作業を行ってプリントしてくれます。

【便利機能その2】自動ホチキス留め機能

自動ホチキス留め機能自分自身で面付け作業をしなくて良いだけでもかなりの労力削減になりますが、中にはホチキス留めまで自動的に行ってくれるコピー機もあります。プリントした用紙を1枚1枚手で折り、さらにホチキス留めをするという手間のかかる作業が、中綴じ製本機能付きのコピー機を利用すればいとも簡単にできてしまうのです。

機種にもよりますが、利用方法自体は前項でご紹介した方法と概ね同様です。製本まで完了した状態で出力されるため、時間と労力の短縮にはうってつけといえるでしょう。

おわりに

今回は中綴じ冊子と、中綴じ冊子の印刷・製本ができるコピー機の便利な機能についてご紹介しました。中綴じ冊子の印刷・製本ができるコピー機を利用すれば、面付けなどの作業負担が減り、美しい仕上がりの中綴じ冊子をより簡単に作れるようになるでしょう。また、製本のクオリティはもちろん、時間と労力を大幅にカットできることも魅力的です。大型コミックイベントの前でも安心できるのではないでしょうか。

中綴じ冊子を作る際は面付けもホチキス留めも手作業で行っていたという方は、ぜひ中綴じ冊子印刷・製本機能付きのコピー機を利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Kinko'sお役立ちコラム編集部

Kinko'sお役立ちコラム編集部

キンコーズってどんなところ?全国の店舗ネットワークを活用し資料のコピーやプリントアウトから、製本やポスター印刷、名刺作成など、プリンティングに関するサービスを幅広く提供しております。名刺から3mを超える横断幕に販促用のシール印刷など特殊な印刷物もひとつからご注文いただけます。無駄なく、必要な時に必要なだけ、スピーディに 時間がなく困っている方へ、プロフェッショナルなスタッフが最適なサービスをご提案いたします。