2019.01.28オンデマンド印刷 , ビジネスユーザー

【起業準備中の方向け】名刺のデザインや記載事項など、名刺作成のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名刺入れから名刺を取り出すイメージ

現在、独立・起業に向けて準備中という方の中には、「名刺のデザインが定まらない」「名刺の記載事項に悩む」という悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、起業準備中の方向けに、名刺のデザインや記載事項など、名刺作成のポイントをご紹介します。

起業名刺のデザインのポイント

名刺の束

まずは、起業名刺を作成する際のポイントを、主にデザイン面からご紹介します。

【1】コーポレートカラー、ブランドカラーを決める

名刺には何が書いてあるかの他、色の使い方によっても与える印象が異なります。企業や業務のイメージは、コーポレートカラーやブランドカラーなどの色によってある程度印象づけられると考えても良いかもしれません。

 

例えば、日本人に好まれる「青」は冷静さや知性、誠実さをイメージさせるといわれており、信頼性につながる印象を与えることができます。

その他「ピンク」なら女性的・母性的なイメージに直結しますし、「緑」は健康や平和、自然との調和などを印象づけることができます。

ご自身が考える「自社をイメージする色」を取り入れ、ひと目でそれが伝わる名刺にすることが大切です。

【2】名刺に使用する色は3色まで

名刺にあまり多くの色味を使いすぎると、作成コストが上がるだけでなく、統一感が損なわれて見えてしまい、印象のばらつきを招く恐れがあります。

名刺に用いる色は「3色まで」と考え、シンプルで分かりやすい配色を心掛けることが無難でしょう。配色の割合は、メインカラー(もっとも印象づけたい色)を7割程度、サブカラー(メインカラーを補足・補完する色)を2割程度、そして、アクセントカラー(適度にインパクトを加える差し色)が1割程度と考えると、うまくバランスが取れます。

【3】ロゴマークや画像を入れる

企業のロゴマークや、自身の顔写真、イラストなどの画像を名刺に入れることもイメージアップに効果的です。学術的にも、「文字から得る情報より、グラフィックなどのビジュアルで得るイメージのほうが記憶に残る」といわれています。

文字だけで目に留まるものがない名刺と、ロゴや写真のように目に留まりやすいポイントがある名刺では、受け取ったときの印象は段違いでしょう。

名刺のデザインをプロに相談するのもおすすめ

名刺は自分でデザインを考え、オリジナリティを前面に出したいという方も多いと思います。しかしその一方で、デザインにあまり自信がない方や、ご自身でデザインを考える時間を取れない方も少なくないはずです。

時間がない方やデザインに詳しくない方は、印刷会社などのプロに名刺デザインを相談する方法も1つの手です。状況に応じてさまざまな手段を検討し、ビジネスに役立つ名刺作りを実現しましょう。

何を書く?起業名刺の記載事項

ビジネス用の名刺を作るときには、最低限以下の項目は記載するようにしましょう。

・氏名と、あれば役職

・社名(屋号)とロゴマーク

・電話番号とメールアドレス、あればFAX番号

・会社の住所

・WebサイトのURL

上記の記載事項の他、書き記すことでさらに強い印象を残せる項目を追加で載せるなら、以下の中から1点を選ぶとビジネス的に「面白い」名刺に仕上がることが期待できます。

・本人の趣味や特技

・本人の地元について

・会社の理念や指針

・仕事に対する意気込み など

これらが控えめに記載されているだけでも、名刺を受け取った人との会話をさらに広げるきっかけを作れるかもしれません。もっとも、見た目がごちゃごちゃしてしまっては本末転倒ですから、あくまで書き込みすぎず簡潔な内容とすることを重視しましょう。

起業名刺作成の注意点

両面印刷の名刺

ここでは、起業に際して初めて名刺を作成する場合の注意点や、気をつけたいポイントについてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

【1】名刺は両面印刷で作成する

名刺にはせっかく表と裏があるのですから、できれば両面に印刷をしてアピールできる箇所を増やしましょう。書き込みたい項目が多めになる場合は特に、両面をフルに活用することでデザインをすっきりシンプルにまとめられます。

【2】インパクトを重視しすぎない

名刺の内容に、ひと目で伝わるインパクトは大切です。しかし、あくまでビジネスで使用するものですから、内容の自由度が高すぎるのも考えものです。あくまで受け取る側にとって親切な内容とし、末永くお付き合いしたいと思ってもらえる名刺作りを心掛けましょう。

おわりに

今回は、起業する際の名刺作成において、押さえておきたいポイントをご紹介しました。

名刺のサイズは、91×55mmととても小さいものです。その中で、いかにご自身の仕事や思いをシンプルに伝えるかをしっかり考えながら記載する内容を考えてみましょう。

キンコーズのおすすめ商品はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Kinko'sお役立ちコラム編集部

Kinko'sお役立ちコラム編集部

キンコーズってどんなところ?全国の店舗ネットワークを活用し資料のコピーやプリントアウトから、製本やポスター印刷、名刺作成など、プリンティングに関するサービスを幅広く提供しております。名刺から3mを超える横断幕に販促用のシール印刷など特殊な印刷物もひとつからご注文いただけます。無駄なく、必要な時に必要なだけ、スピーディに 時間がなく困っている方へ、プロフェッショナルなスタッフが最適なサービスをご提案いたします。