2017.06.08オンデマンド印刷

オフセット印刷・オンデマンド印刷の違いとそれぞれのメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それぞれのメリット・デメリット

ポスターやDMなどの印刷を印刷会社に依頼する場合、印刷会社のサイトに「オフセット印刷」「オンデマンド印刷」と記載されており、どちらが良いのか迷った経験はありませんか?両者にはそれぞれ異なるメリットとデメリットが存在します。最適な印刷方法を選択するためにも、オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いを把握しておきましょう。

今回は、オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い、そしてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

オフセット印刷とオンデマンド印刷の最大の違いは、印刷に「版」を使用しているかどうかにあります。

オフセット印刷とは、版を使用した印刷方法です。「オフセット」とは「付けて離す」という意味であり、印刷方法をそのまま表しています。

オフセット印刷は版のイメージを直接紙に転写するのではなく、一度版に塗られたインクをゴムブラケットに転写(オフ)してから紙に印刷(セット)します。

オフセット印刷は書籍の印刷から商業印刷まで幅広く利用されているポピュラーな印刷方法の1つです。

一方オンデマンド印刷とは、電子写真方式やインクジェット方式などを利用した高速デジタル印刷機による印刷方法です。「オンデマンド」とは「必要なものを、必要なだけ、必要なときに」という意味を持ちます。

オンデマンド印刷は製版の工程がないため作業工程が短縮され、短期間での納期が可能となります。

オフセット印刷のメリット・デメリット

オフセット印刷【メリット】
オフセット印刷は版を用いて印刷するため、大量印刷する場合はコストを抑えることが可能です。また、一度版を作ってしまえば破損しない限り繰り返し使用することができるため、同じ品質の製品を繰り返し作ることができます。そのため、数千枚という大量の印刷が必要な場合は、オフセット印刷がおすすめです。

またオフセット印刷は、インクが紙にしっかりと密着するため印刷の仕上がりが高品質というメリットもあります。イラストや写真、文字など、細部まで鮮明に表現することが可能です。

【デメリット】
オフセット印刷のデメリットは、少部数での印刷だと逆にコストが割高になることです。また、版を作る時間とインクを乾燥させる時間が必要であるため、仕上がりに時間が掛かります。

オンデマンド印刷のメリット・デメリット

オンデマンド印刷【メリット】

オンデマンド印刷は製版する必要がないため、少部数の印刷でもコストを抑えて印刷することが可能です。在庫を抱える必要がなく、必要なときに必要なだけ印刷できることがオンデマンド印刷のメリットです。

また、オンデマンド印刷は製版の時間もインクを乾燥させる時間も必要ありません。そのため、短納期で対応することが可能です。急な印刷を要する際には、オンデマンド印刷の利用がおすすめです。

【デメリット】
オンデマンド印刷は、印刷枚数が増えるほどコストが高くなってしまいます。また、オフセット印刷と比較するとモアレという印刷の乱れが出る可能性が高いため、点描を重ねるようなデザインを作る際は気を付けましょう。

しかし、最近はオンデマンド印刷の技術も進歩しており、オフセット印刷と比較しても遜色ないレベルにまで達しています。

おわりに

印刷方法の2大主流となっているオフセット印刷とオンデマンド印刷。両者のメリットとデメリットはそれぞれ異なるため、印刷を依頼する際は印刷部数や納期などを考慮して依頼しましょう。

大量に印刷したい際や繊細なイメージの印刷はオフセット印刷、少部数を短納期で依頼したい場合はオンデマンド印刷の利用がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
Kinko'sお役立ちコラム編集部

Kinko'sお役立ちコラム編集部

キンコーズってどんなところ?全国の店舗ネットワークを活用し資料のコピーやプリントアウトから、製本やポスター印刷、名刺作成など、プリンティングに関するサービスを幅広く提供しております。名刺から3mを超える横断幕に販促用のシール印刷など特殊な印刷物もひとつからご注文いただけます。無駄なく、必要な時に必要なだけ、スピーディに 時間がなく困っている方へ、プロフェッショナルなスタッフが最適なサービスをご提案いたします。