無料お試しはこちら

WIL eカタログとは?

お手持ちの資料をPDFアップロードで簡単に電子カタログ化。
販促活動、展示会、研修や、ホームページに資料請求をいただいたお客様向けの情報配信など、
様々なシーンで利用することができる効果測定可能な電子カタログソリューションです。

ご利用例

集合研修

ユーザーIDの発行でアクセス範囲を制限したり、アクセス解析情報に基づいて資料をブラッシュアップしたりすることができます。

ランチョンセミナー

情報の多いセミナー発表資料でも、プレゼンターの動画と画面録画を掲載すれば理解の促進が図れます。撮影オプションの利用もオススメです。

IR決算発表

決算資料を電子ブック化することで見やすくし、発表の様子も動画で見せることができます。HPに埋め込めば、24時間誰でも閲覧できます。

会社説明会

会社説明会を撮影し、採用パンフレットや会社案内を電子版配信することで、世界中どこにいても優秀な人材にアプローチできます。

導入企業様例

ゴディバ ジャパン株式会社

大建工業株式会社

ミス・パリ・グループ

他多数(五十音順、敬称略)

キンコーズならではの
3つのポイント

Point.1 選べる公開範囲で、さまざまな活用方法

誰でも閲覧可能な「一般公開」と、IDやパスワードを入力したユーザーだけが閲覧できる「限定公開」を選べます。
公開範囲をコントロールすることで、内容や公開範囲を問わず様々な用途へご活用いただけます。

パンフレット/カタログ

  • 展示会での荷物レスな資料配布が可能に
  • アクセス状況を把握できるので、ホットなユーザーへアプローチ
  • フォーム入力機能を使えば閲覧時にリード情報を獲得でき、売上UPへ

社内報/社史

  • IPアドレス制限や限定公開、DL不可設定で社員のみに配信し、機密や個人情報を守る
  • 手軽に書棚化できることで、アーカイブを活性化し一覧性を向上させる

テキスト/教材

  • 限定公開でユーザー別の閲覧回数を把握し学習状況を分析
  • 教材のどの部分が注目されているかをチェックすることで重要な情報がきちんと伝わっているかを推測

マニュアル

  • 動画の組み込みなどマルチメディア化で情報量を増やし、分かりやすく
  • URLを変えずに差し替えが可能なので、常に新しい情報を提示可能

Point.2 業界最安値!IDフリーライセンス

「今まで紙媒体のみを使っていた企業さまにも、電子カタログの魅力を知っていただきたい。」
そんな想いから、「WIL eカタログ」は業界最安値のIDフリーライセンスのプランを設定。非常に始めやすく、大人数で利用するほどオトクなサービスです。

今まで電子カタログはどこか垣根が高い…と考えていた企業様も、ぜひこの機会に導入をご検討ください。

Point.3 豊富な効果測定・アクセス解析機能

「WIL eカタログ」 では、従来のPDF配信で分からなかった利用者のアクセス履歴を見ることができます。
これにより、公開中の資料がどの程度見られているのかや、限定公開用の教材のどこが注目されているか?などを分析し、PDCAを回すことができます。

また、ユーザーがコンテンツを参照する前に必要情報を入力させる機能を使うことにより、貴社の商品・サービスに興味のあるお客様情報(リード)の獲得が可能です。

アクセス解析ツール

閲覧数やページの拡大、リンクのクリック数など、eカタログならではのアクセス解析機能を備えています。

文書単位で解析が行えます。

ヒートマップ形式ログ解析

注目されているエリアを瞬時に把握でき、販促物の改善箇所の視覚化などに有効な機能です。

どのページのどこの箇所が拡大されているかを解析し、ヒートマップ形式で表示できます。

リード獲得機能

資料の閲覧を制限し、希望する方が自身の情報を入力することで閲覧が開始されます。

ホットなリード情報を得ることができるので、ホワイトペーパーやサービス紹介資料、オンデマンドウェビナー配信などにオススメです。

サンプル(全画面表示推奨)

無料お試しはこちら

セミナー撮影配信オプション(eカタログ+動画撮影)

登壇者の動画撮影・録音とPC操作画面を録画し、セミナーの説明とプレゼンテーション資料が同期した動画ファイルを制作いたします。

よくあるお問い合わせ

申し込み・オプションについて

eカタログを新規申込を行う場合の手続きについて知りたいです。

WILサービスのご利用には事前に「売掛口座」のお申込みと登録が必要です。担当の営業もしくは弊社お問い合わせフォームからご用命ください。 ※売掛口座の開設には1週間ほどのお時間をいただいております。

利用期間中にプラン変更(アップグレード)はできますか?

可能です。ご利用期間中のプラン変更(アップグレード)は随時承っております。

eカタログ利用料金の支払方法について知りたいです。

弊社指定口座への振込になります。
※クレジットカードのご利用については承っておりません。予めご了承ください。

eカタログの利用期間更新について知りたいです。

eカタログご利用期間は1ヶ月単位とし、解約希望日の30日前迄にご利用終了の申し出が無い限り
同契約条件で自動更新されます。※eカタログサービスの最低利用期間は6ヶ月となります

月額利用料以外に発生する費用はありますか?

オプションサービスをご利用の場合、月額利用料以外に別途費用が発生いたします。オプションサービスの例は次のとおりです。
●ストレージ容量追加(月額) ●限定公開 閲覧ユーザー数追加(ビジネスプラン) ●コンテンツ登録代行

機能・制作について

eカタログの推奨環境はありますか?

eカタログ推奨の動作環境は以下のとおりです。

≪推奨ブラウザ≫
●Windows:Google Chrome(最新)、Microsoft Edge(最新) 
●Mac:Safari(最新)、Google Chrome(最新)
●iOS:Mobile Safari(最新) ●Android:Mobile Google Chrome(最新)

≪推奨環境≫ ※通信環境:ブロードバンド環境●WindowsOS:Microsoft Windows10、Windows8.1 メモリ:4GB以上、モニター解像度:1280×768以上
●Mac OS:macOS 10.13 ~ macOS 10.15 日本語版 メモリ:4GB以上、モニター解像度:1280×800以上
●iOS:iOS11~13 メモリ:4GB以上
●Android OS:Android 7 ~ 10  メモリ:4GB以上

どのようなデータが利用できますか?

eカタログで利用できるファイル形式はPDFファイル(*.pdf) となります。
 ≪eカタログ アップロードデータ仕様≫●推奨画質:高 ●推奨解像度:264dpi ●バージョン:PDF1.4(Acrobat 5.0)以上
●フォント:全て埋め込み ●ファイル構成:1データに全ページを含んだPDFデータ ●セキュリティ設定:なし ※単ページ(トンボなし)で制作してください。※異なる用紙サイズが混在するPDFは対応外となります。 ※ 3Dデータや動画が埋め込まれたPDFはご利用できません。動画の埋め込みをされる場合は「リンク・メディアの設定」機能をご利用ください。※文字がアウトライン化されている PDF 、スキャニングしたPDF、JPEGデータをPDFに変換した場合、全文検索はご利用いただけません。 検索のご利用を希望される場合は「検索語設定」機能をご利用ください。(検索文字のハイライト表示は全文検索のみの機能となります)


eカタログのビューアは多言語メニュー対応できますか?

eカタログでは、コンテンツごとにビューアの多言語メニュー表示を行うことが可能です。日本語の他、英語・中国語(簡体)・韓国語のメニュー表示に対応しております。
【設定方法】
①「管理パネル」より「スキン編集」画面に移動します。 
②「共通スキンの設定」より「多言語設定」の横の「日本語」と書かれた部分をクリックします。
 ③  任意の言語に変更し、「保存」ボタンを押します。

スマートフォンではどのような見た目になりますか?

見開きの冊子はPCから閲覧すると見開きで表示されますが、スマートフォンから閲覧すると縦長の画面に適した単一ページごとで表示されます。お手持ちのデバイスでの見え方を確かめたい場合は無料トライアルをご利用ください。

コンテンツのページの差し替えを行いたいのですが可能でしょうか?

はい、可能です。配信コンテンツもURLを変更することなく一部または複数ページの差し替えができます。

リード獲得機能について知りたい。

リード獲得機能は、eカタログ閲覧の際に、閲覧希望者の情報を登録させるフォーム機能です。コンテンツに興味を持っていただいたお客様の情報を取得し、アプローチを行うことが可能になります。

社内で資料を共有するために使いたい場合、閲覧者を制限することはできますか?

限定公開機能ではID・パスワードで閲覧制限設定が可能です。「ビジネスプラン」は限定公開コンテンツの閲覧ユーザー数が500名(追加可能[有料オプション])、「エンタープライズプラン」は定額で限定公開コンテンツの閲覧ユーザー数が無制限でご利用いただけます。

PDFダウンロードを行えなくすることはできますか?

はい、可能です。「管理画面」よりPDFダウンロードをさせたくないコンテンツの「編集」ボタンを押していただき、「スキン編集」画面を表示し、補助メニュー領域の「PDF」の項目を「表示させない」にチェックを入れます。


見開きA3サイズのPDFを冊子のようにページ送りすることはできますか?

A3サイズ(420×297)のPDFデータを予めA4サイズ(210×297)2ページ分に変更する必要があります。※PDFデータがA3サイズの場合、eカタログで自動的にA4サイズに2分割することはできません


eカタログをサイトのページ内に埋め込む方法を教えてください。

サイトのHTMLコードにインラインフレームを挿入することでビューアをサイト内に埋め込みできます。
下記の例をご参照いただき、縦横サイズ、eカタログのコンテンツURLは適宜変更してください。(例)<iframe allowfullscreen=”” frameborder=”0″ height=”500px” src=”eカタログのURL” width=”710px”>

お問い合わせフォーム

■ご注意ください
ご入力いただく、ご連絡先が間違っている場合は、回答することができかねますので、十分ご注意ください。なお、内容によっては、回答に時間がかかる場合や、回答いたしかねる場合がございますので、ご了承ください。
■個人情報について
ご入力いただきましたお客様の個人情報は、お見積り・お問合せの回答及び弊社の商品・サービスに関するご案内の送付にも利用いたします。以下の「個人情報のお取扱いについて」をご確認いただき、ご同意のうえご入力いただきますようお願いいたします。

個人情報保護方針についてはこちら

「会社名」を入力して候補から選択するだけで他の項目を自動入力いたします。