お問い合わせ
Contact Us

ホーム お知らせ “プロ”がささえるキンコーズ~事業運営部ジョブセンター編~

“プロ”がささえるキンコーズ
~事業運営部ジョブセンター編~

店頭で法人案件を管理・マネジメントする、必殺仕事人!

今回の「プロがささえるキンコーズ」でご紹介するのは営業部門のメンバーが対応する法人案件(https://www.kinkos.co.jp/guide/biz/)をマネジメントする、事業運営部ジョブセンターの石賀さん。

石賀さん

「新しい部署、新しい担当を任されることが多いキンコーズ人生です」

もともと趣味の音楽を満喫したいといった想いから、当時は店舗の夜勤として入社。
昼は趣味、夜は仕事、と働き方重視で出会ったのがキンコーズでした。

そこから仕事の魅力に触れ、正社員となりキャリアを積み、当時新設された都内5か所に出来た、製造拠点のセンター長となりました。その後は大型製造拠点へ移り、さらに店舗の店長、店舗の支援を行う企画支援チームと、さまざまな業務を担当されてきました。

特に、新設された部署や拠点に身を置くことが多かったとのことで、新しい体制構築を担うといった大変な業務を経験してきたキャリアの持ち主。

石賀さん
石賀さん

「各エリアの営業チームを、そばで支えているのがジョブセンター」

ジョブセンターとは?と表にあまり出ない部署名ですが、キンコーズの店舗に併設された、営業チームと連携する法人専門の製造部隊となります。

拠点により体制は様々ですが、店舗にそのまま専用工場が併設されているタイプ、そして案件の処理を行うタイプ等、それぞれのジョブセンターに色があります。

石賀さんはそんなジョブセンターの中でも、受付と製造現場の橋渡しを専門とする大手町店併設のジョブセンターを担当されています。

大手町店 ジョブセンター
ジョブセンター

「実は、思っていた業務と違ったことに全力投球中」

ジョブセンター担当となり、昔は何でも自分が率先して対応するタイプだった石賀さんですが、マネージャー職になってからは、自分がいなくても回る組織を作ることを目標としていました。

・・・が、ここに予想していない出会いがあり、舵を切ることに。

異動してきた営業メンバーが「多忙すぎでは?」という想いから注力してサポートを開始。
最初はそんな心配から入った対応でしたが、日々すごい業務量を対応しながらも、お客様に対する営業メンバーの真摯な姿勢に感化され、石賀さん自身も全力投球中。

営業活動に集中できるよう、ちょっと鬱陶しいかも!?と自分でも思うレベルでサポートしているそう。
店長時代や企画支援チーム時代に経験した、「忙しかったけれど毎日が刺激的だった」頃を思い出し、今は営業メンバーのサポートにアクセルを踏みっぱなしで日々奮闘しているとのことでした。

石賀さん

「役割を割り切って、着実に正確に」

法人営業の案件を管理する石賀さんの仕事ぶりは、インタビュー中に「書けないこと言っちゃうかもしれません」と、歯に衣着せぬ発言があるほど目まぐるしい忙しさがあるとのこと。

そんな石賀さんが意識していることは、仕事において成果を取ってガツンとやり切る。
ジョブセンターの役割としてお客様の仕事を着実にやり切る、その一方で自社売上・コストを見ながらいかに効率的に、そして価値のある仕事を行うか。営業案件を取り仕切る部署として、プロの技の発揮どころ。

「周りの方に恵まれてきたからこその今」

どんなパートナーと仕事をしてきたかご質問すると、今まで一緒に仕事をしてきた人たちにとても恵まれていたと。

製造・企画・店舗と様々なキャリアを築いてきた石賀さんですが、特に新しい業務を担当することが多かった中、信頼できる人が周りにいて心地よいコミュニケーションがとれる関係性があったからこそ、挑戦も出来たとのことでした。

本当に恵まれてきた、と社内のパートナーたちを思い出していました。

石賀さん

「感情の割り勘が出来る人と出会っていきたい」

それでは今後は、どんなパートナーと仕事を進めていきたいかお伺いすると、こんな造語が。

しんどい!を、割り勘できる。

例えば・・・同じライブに集まった人たちが、同じ空間で同じ曲に感動して涙する、興奮して声を出す、そんな感情を一緒に感じて共感できる、そんなパートナーと仕事をしたい。
表層的な関係ではなく、一緒になって熱くなったり悲しくなったり、そんな”プロ”と出会っていきたい。

これは仕事に限らず人生観のテーマとのことで、こうした人に出会えることは本当に奇跡で、残りの人生で会えるか正直わからないけれど、それは社内で一緒に働くメンバーかもしれないし、一緒になって成功させたいと奮起するお客様かもしれないし、今後がとても楽しみです、熱く語ってくれました。

石賀さん

「俺の熱量を上げてくれ!」

受注案件を管理するプロは、今もふつふつと熱を募らせていて、もっともっと熱い仕事をご所望!
新しいことに常に挑戦的で、前例の無いことをやっていきたい。

石賀さんの想いは、”プロ”だからこそ今ある技術や知識を活用し、お客様からの難易度が高い相談をしっかりと対応し、ジョブセンター・営業・お客様と一緒になって同じ熱を共有したい。

今日も大手町店のジョブセンターで、熱い案件のご相談をお待ちしております!

法人サービスに関するお見積り・口座開設などお気軽にご相談ください

法人利用に関するご利用ガイドはこちらから(https://www.kinkos.co.jp/guide/biz/)

お見積り・お問い合わせなどご相談はこちらから(https://www.kinkos.co.jp/contact/biz/inquiry/)

文・写真:広報 サステナビリティ推進部

“プロ”がささえるキンコーズ バックナンバーはこちらから

広報 サステナビリティ推進部・手塚さん

プロがささえるキンコーズとは?

キンコーズでは店頭や営業のメンバーはもちろんですが、さまざまな分野でキンコーズを支えている”プロ”が大勢います。そんな”プロ”がどんな熱い想いを持って働いているのか、インタビューして定期的お届けしています!

前の記事

“プロ”がささえるキンコーズ

次の記事

ブライダルキャンペーン開催中!顔合わせしおり・プロフィールブック・席次表作成

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください!

チャットオペレーター受付時間
平日(月~金)9:00~18:00